のんびりのびのび日記

名古屋に行ったついでに街歩きしたので記録として残そうと思います。
今回は3回目の名古屋。
観光というよりは街歩きをしてきました。
街歩きをすると東西南北がわかるし、大ざっぱですが地図っぽいものが頭の中に入って楽しいんですよ。そうは言っても、○○区という行政区の名前と位置関係が全然!全く!覚えられない。
まだまだ名古屋を知り尽くしていないわ~。

名古屋駅
DSCN3800 (480x640)

東別院でのミーツオーガニックマーケット
手作りの食品(パン、スイーツ、調味料など)がいろいろありました。

栄地下街

栄の百貨店いろいろ

車道駅の手芸屋さん「大塚屋」
DSCN3756 (480x640)
こちらの手芸屋さん、とても品揃えが良いお店でした。
作品のサンプルがたくさん飾られていて、作りたいものがイメージできて買い物しやすいお店という印象でした。そして休憩所や喫茶店が売り場の隣にあるんです。
何を買おうか見て回るうちに疲れてお茶したくなりますよね。
そんな時にはとても助かります。
休憩しているうちにまた売り場を見て回ることも出来るし、とてもいいですね。
気に入った作品のレシピが10円で買えるということなので2点購入しました。20円。安い。

栄に戻ってランチ「チコリ」
DSCN3762 (640x480)
ランチはパスタが食べたくなって百貨店の裏側にある隠れ家っぽいこちらのお店にしました。
魚介のクリームパスタがとても美味しくて、食後の珈琲もおいしかったです。店員さんもイケメンだったし★5つですね。
帰る時に「コーヒーなど好きな飲み物1杯持ち帰りできるのでどうぞ」と意外なサービスもあり、外が寒かったから温かい飲み物は嬉しかったです。
また今度来ようと思っていたら、近々閉店してしまうそうで。残念です。

四間道(しけみち)
「しけみち」と読むこちらの場所、朝早く行ったので開店前でしたが、古民家を改装したおしゃれなカフェがいろいろあるようです。
DSCN3790 (640x480)

郵便受けが弦楽器になっている。
DSCN3795 (640x480)

飲食店がいろいろ入っています。
DSCN3797 (640x480)

こんなスケジュールでした。

東方神起のファンになったおかげで、名古屋にも少し詳しくなりました。
今度はどこに行けるかなあ~。



行ってきました。名古屋、東方神起ライブ。
今回は初日だけの参加なので1泊2日の日程でした。
名古屋も寒かった!とにかく空気が冷たい!冷たい!
風が無くても肌に刺さるような冷気で、夕方は一瞬ですが雪が舞っていました。

DSCN3764 (640x480)

ライブ会場でCDを買い(ウフフ・・まだ買っていなかったので会場で買いました。)開始時間の45分ぐらい前に第1ゲートから入場。座席は3塁側のスタンドで少しだけ前の方。良くもなく、悪くもなく、まあまあな(笑)座席でした。
ライブパフォーマンスは相変わらずキレッ!キレッ!のダンス、チャンミンの高音にほれぼれしながら安定のライブパフォーマンスといった感じでした。以前は、音をはずさないか、疲れが出てきてだんだん猫背にならないかとか・・・ホントに!心配しながら見ていましたが、2017-2018のライブは、そんな心配を感じさせないほど最後まで楽しむことが出来ました。(心配しながら観るのも「頑張れ!」と強く思わせてもらえて(笑)良かった部分なんだけどね。)
MCではいつものチャンミンの毒舌というよりは、日本語で上手く表現できないユノを助ける場面が多くて、頼もしくなったなあと思いましたね~。感慨深い。チャンミンの変わらない日本語能力に驚かされました。「年末年始をはさんで今年初めてのライブですが、ライブ感覚が・・・」とチャンミンが言っていましたが、最高のライブパフォーマンスでございました!
あと1回ぐらい行きたいけど、
大阪の後、再追加公演は無いのかい?無いよね・・・。(T_T)





ナゴヤドームでの東方神起ライブが1月12日、来週金曜日に迫ってきました~。
名古屋に行ったついでにどこか行こうと思っていて、観光というよりは街歩きを目的にしようと思います。

1日目は東別院でやっているミーツオーガニックマーケットと車道駅近くの大塚屋という手芸屋さん。気に入った生地やキットがあれば買ってこよう。この日のランチは栄駅近くの和食屋さん。

2日目は大浴場で朝風呂に入り遅めにチェックアウトして、栄の地下街を歩きながら織部という食器のお店で気に入った小鉢があれば購入、その後に国際センター駅まで歩いて(約30~45分ぐらい)名駅で魚介丼のランチをして、その後に街並み保存地区をブラブラ。おしゃれなカフェもあるようです。スーパー銭湯で「よもぎ蒸し」をするのは、行くかどうか迷い中。
よもぎ蒸しの情報はこちら

http://beauty.foogee.jp/sanno-yomogimushi

35分1500円~というのは格安ですよね。帰りの新幹線が17時30分ごろなので、充分時間はあると思うがその日の気分次第ということで、未定です。

おひとり様は寂しいけど、のんびりのびのび街歩きするか~~。

2017年の読書メーター
読んだ本の数:24
読んだページ数:5698
ナイス数:285

罪のあとさき罪のあとさき   著者:畑野 智美  読了日:12月27日 
何と言っていいのだろうか、モヤッとして読後感がイマイチすっきりしない。どうぞお幸せにという気持ちになれないのは、加害者の立場からしか書かれていないからではないか。事件後の、被害者家族、自分の家族、ショックから立ち直れないでいる友達のジロくんのことが置き去りになっている感が否めない。楓は流されるまま生きているようで共感出来なかったことも残念。最後の「守るべき命だ」というセリフは背筋が寒くなる。逆に「殺すべき命」が彼の中に今も存在してるってことだから本質は何も変わっていないってことだね。小説なのに何だか熱く書いてしまったが、一気読みした。恋愛小説だと思えば軽い気持ちになれるのかも。


消えない月消えない月  著者:畑野 智美  読了日:12月21日 
怖っ。ストーカー行為がエスカレートしていく様子は、ほんとに怖いよ~ 。自分本位で妄想ばかりして、さくらを束縛し、自分の行動を正当化するためのおかしな理屈を作り上げていく様子は、恐ろしかった。さくらは何も悪くないのに悲しい結末。どこで引き返せばこうならずに済んだんだろう。携帯から男友達の連絡先を削除されたあたりかな。


秋山善吉工務店秋山善吉工務店  著者:中山 七里  読了日:11月17日 
善吉爺ちゃん、カッコいい!こんな爺ちゃんに出会いたい。残された母親と子供2人に明るい兆しが見えてきたと思ったら放火の疑惑が浮上して、終盤はどうなるのか不安で不安で仕方なかった。爺ちゃんのことは寂しい結果になったけど、火事のことは、そういうことだったんだね。


帆布で作るバッグと小物 (Heart Warming Life Series)帆布で作るバッグと小物 (Heart Warming Life Series)  読了日:11月10日
今まで読んだ帆布バッグの本の中で一番良かった。帆布は厚手の生地なので縫う時に苦労するんです。この本には、いろんなコツが写真付きで書かれています。帆布の保存の仕方、ミシン縫いのコツ、ファスナーの端の始末、ポケットの作り方のコツなど、目からウロコです。


週末でつくる紙文具 書く、整理する、保存する 目的別・30種類のつくり方週末でつくる紙文具 書く、整理する、保存する 目的別・30種類のつくり方
著者:永岡 綾  読了日:11月10日 
表紙を見てこんなセンス良いものを作ってみたいなあと思い図書館で借りたんだけど、求めているものとちょっと違った。実用的というよりは見てもらうための作品という印象だったからかもしれません。


作家刑事毒島作家刑事毒島  著者:中山 七里  読了日:11月10日 
なかなかオモシロイ!出版業界のいろんなことも楽しく読むことが出来ました。主人公は奥田英明さんの伊良部シリーズを思い出しますね。毒舌ぶりが気持ちいいほどだと感じるのは、読んでいる側も思っているであろうことを代弁してくれているからかもしれない。言われた方は、ぐうの音も出ないんだもの。「そこまで言わなくでもいでしょう。もうすこし言葉を選んで・・」とも思うが、小説だから許されるし、痛快でした。


月居良子のかんたん、かわいい まっすぐソーイング エプロン&エプロンドレス (暮らし充実すてき術)月居良子のかんたん、かわいい まっすぐソーイング エプロン&エプロンドレス (暮らし充実すてき術)  著者:月居 良子  読了日:08月10日 
既製品でよく見かけるけど作れそうで作れないんだよね~と思いながら図書館で借りたが、ホントに自分で作れそう!これなら作れそう!という内容でした。着物をほどいて作り直して、部屋着にしたい、普段着にしたいと思えるものが2点あり。


多動力 (NewsPicks Book)多動力 (NewsPicks Book)  著者:堀江 貴文  読了日:08月10日 
大事なポイントがそれぞれの項目の最初と最後にまとめられているので、ところどころ飛ばし読みしてもわかりやすい構成になっていた。内容は「ごもっとも!」と思うところ多々あり。ミーティングで議論や情報共有といえば聞こえはいいが、堂々巡りや脱線することも結構多くて、その時間×人数の拘束時間を考えればもったいない時間だなあと思うことがあります。今の職場はその逆で、ミーティングが一度もない。これもどうかと思うけど(笑)。やっぱりこの人は尖がっているけどいろんな意味ですごい人だ。


使いきる。 有元葉子の整理術 衣・食・住・からだ・頭使いきる。 有元葉子の整理術 衣・食・住・からだ・頭
著者:有元 葉子  読了日:08月07日 
これ!私も実行してる!というのがいくつもあり、嬉しい。とても共感しました。更に極めたいのでコツをメモしました。田園調布のお店にも行ってみようかな。




大人のカルトナージュ大人のカルトナージュ  著者:永島聡美  読了日:08月03日 
おススメの本です。今までの本に無い、ちょっとしたコツがいくつも丁寧に書かれています。あ~そうだったのか、こうすればいいんだ・・とカルトナージュ熱が再び湧き上がってきた。




あなたのゼイ肉、落としますあなたのゼイ肉、落とします  著者:垣谷 美雨  読了日:07月27日 
どの話も前置きが長くて(それが大事なのかもしれないが・・・)イマイチな内容だったと思うのは、飛ばし読みしたからかな。うん!きっとそうだ!





if: サヨナラが言えない理由if: サヨナラが言えない理由  著者:垣谷 美雨  読了日:07月26日 
余命わずかとなった時、自分には別の人生があったのでは?別の道に進んでいたならば、もっと幸せだったのではないかと思う患者さんと、選ばなかった別の人生を心の中で体験させてあげられる不思議な力を持つ聴診器。「もう悔いはない」と思う人、「やはり選んだ人生で幸せだった」と思う人。体験して患者さんが救われ穏やかに旅立っていくというのは読んでいる方も救われた気がする。死んでしまう話ばかりでなく元気になり退院していくお話や、主人公のお父さんのお話もあり、読んで良かった。


美しい距離美しい距離  著者:山崎 ナオコーラ  読了日:06月23日 
情報が氾濫している今、「こういうものだ」という他人が考える物語にとらわれないこと、逆に自分の物語を押し付けないでいられたらいいな・・と思った。旅立ってから最後の見送るまでの場面は、かなり辛い。重い。夫が考える美しい距離、妻が考える美しい距離、そこにあるのは敬意のようなものなのかな。



東京ウォーキング お散歩写真が楽しめる33コース (大人の遠足BOOK)東京ウォーキング お散歩写真が楽しめる33コース (大人の遠足BOOK)
読了日:06月22日
そんなに長距離じゃないので気軽に遠足できそうで良かった。他のシリーズも読んでみよう




永い言い訳永い言い訳  著者:西川 美和  読了日:06月21日 
すごく良かった。最後の方は泣いてしまいました。何と感想を書けばよいのか、自分の言葉で書きたいんだけど難しい。今は静かに余韻に浸っていたい気持ちです。「妻へ」の全文は、何度も読み返して、忘れたくない文章でした。 「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない。」



究極の判断力を身につけるインバスケット思考究極の判断力を身につけるインバスケット思考  著者:鳥原隆志
読了日:05月03日
「インバスケット」って何?と思って図書館本を借りた。判断力のシュミレーショと、正解の解説があり、選択を間違えた場合の参考になっておもしろかった。

 


<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)  著者:林 成之  読了日:04月28日 
水泳の北島康介を世界一に導いた本ということで興味があって読みました。著者から「まずはこれを読んで・・・」という前半は難しい感じでスルー。後半から読んだら前半の内容が気になって結局前半も読むことができた。科学的な難しい部分もあるが、この本を繰り返し読んで理解する必要がありそうだ。



一日江戸人 (新潮文庫)一日江戸人 (新潮文庫)  著者:杉浦 日向子  読了日:04月20日
江戸好きな人にはマニアックな内容でオモシロかった。デジタル化して便利すぎることが当たり前になっている今だけど、何か足りない大事なこと、工夫したり、想像したり、人の気持ちを推し測ったり、結果を急がないことなど、今の時代だって通用することがいっぱいで楽しく読めました。


 
あしたの君へあしたの君へ   著者:柚月 裕子  読了日:01月26日
人にはそれぞれ「事情」や「理由」というのがあり、その全てを初めて会った家裁調査官に正直に話すことから次のステップが見えてくるのですね。正直に話すというのは、なかなか難しいことで、そんな当事者の心を開いてくれるのが家裁調査官なのかもしれない。が・・・小説の登場人物のような家裁調査官ってホントにいるのかな。現実を知りたくなった。


慈雨慈雨  著者:柚月 裕子  読了日:01月13日 
おもしろかった!事件解決もおもしろかったのだが、夫婦でお遍路している姿がすごく良かった。自分も同じような年代だからなのかもしれない。





日本人の食卓 おかず2001日本人の食卓 おかず2001  著者:浜田 ひろみ  読了日:01月04日 
時々開くおかずが2001種類載っている本。写真は一切なし、材料、作り方は箇条書きではなく、辞書のような仕上がりの本。2001年から使っているお気に入り。

途中まで作って引き出しの奥~~~に入れっぱなだったトップがあったので完成させた。
額やクッションカバーにもできるサイズですが、何にでも使えるようにマルチカバーにしてみました。
綿は入れずにトップと裏布のみで仕上げ。
目立たないけど格子のキルトラインも入れ、周囲を同系色のギンガムチェックにしたら、やっぱり可愛くなった。
何に使うか・・・・
それはこれから考えよう(笑)
DSCN3740 (640x480)



ナント!ナント!東方神起ライブ11/26(日)も行けることになった!
譲ってくれた方に感謝!感謝!
日曜日なので、早めに行って小石川後楽園を散歩しようと思います。
近くのヴォーグ学園のショップはお休みのようなので
前日の土曜日にチケット受け取りのついでに立ち寄ってみようと思います。


キャプチャ
曇り空の11月18日、東京まちさんぽに参加しました。
今回は銀座一丁目スタートです。
銀座一丁目

国際フォーラム

日比谷公園

虎の門

愛宕神社

六本木ヒルズ

麻布十番

有栖川公園

広尾

白金高輪ゴール

DSCN3719 (480x640)

結果は約11キロ、歩数は18,000歩、3時間のウォーキングでした。
今回は愛宕神社に立ち寄りました。急な階段というのは聞いてましたが、上がった後はフラフラするほどです。階段の途中でフラフラしたら真っ逆さまに階段落ち。危険です。無理せず手すりを使いましょう!
麻布十番で「豆源」と「たぬき煎餅」でお土産を購入。その近くのタイ焼き屋さんが並んでたので、私も!と思ったら10分待ちとのこと。待てないので次回また立ち寄りたいと思います。
その後、鳥居坂のスヌーピーミュージアムを経由して広尾でブラブラ。麻布十番より人が多かったです。金沢にあったお店「椿崇善」のお店がここにあるので立ち寄ってお茶を購入。テレビでも話題だったんですね。知りませんでした。
というわけで、白金高輪まで久々にちゃんとゴールしました。(笑)


自分で作ったこぎん刺しでミニbagを作ったよ~。
練習のつもりで簡単な模様だと思って刺し始めたんだけどさあ、紺色の生地は布目が見えなくて、そりゃあもう!大変!目がすごく疲れました。次は白っぽい生地を選んだほうが良さそうです。刺す面積も、もっと少なめなワンポイントにしようと思います。ホント!大変だったんだから!
DSCN3709 (640x480)

裏側は、以前作ったポーチのデザインがお気に入りなので同じようにしてみました。
DSCN3710 (640x480)


北陸に旅行に行った時に福井で買った手芸屋さんのキット「ハトのポーチ」を作りました。一目見て、可愛いと思い自分用のお土産に買ってきたんです。裏布は鮮やかな水色の無地布です。
ハトに見えるかなあ
何を入れようか考えて!ひらめいた!パスケースとして使おうと思います。
接着芯を貼ったおかげでしっかりした仕上がりになってるのでピッタリです。
DSCN3701 (640x480)
他にも何か欲しいなあ・・・と探していたら、非売品のニワトリの鍋つかみが展示されていました。
「作成キットかレシピがありますか」と聞いたところ
「これはお客様が作られたものを飾っているんです。キットもレシピもないんですよ」と言われ、普通は、仕方ないからこれであきらめるしかない状況ですよね。ところが、お店の方が、
「もしお気に召したら、形を紙に写していきますか」
「写真を撮っても大丈夫ですよ」と言ってくれて
「是非そうさせてください」とお願いしました。
しかも、自分で写そうと思っていたら、お店の人が洋服用型紙の紙に写してくれて、お店の方のご好意にすごく感激してしまいました。
お礼に何か買おうと思い、ハトのポーチをもう一個、色違いで買ってきました。(笑)
このポーチを使うたびに楽しかった福井旅行を思い出しそうです。
また福井に行くときは必ず立ち寄りたいと思います。




このページのトップヘ